2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 52.2 高知県 沖の島の『赤い有名人』3 ~ けん坊宅で語る「島の子供1人、小学校は再オープンするのか」 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年12月16日(木) – ぼくらは今朝、荒木さん夫妻と出会い、一日中荒木さん夫妻との交流を楽しんでいる。荒木健吉さんはこの島の赤い「けん坊」として知られ、沖の島の人気者なのである。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 荒木健吉

kochi okinoshima island japan

day 52.1 高知県 沖の島の『赤い有名人』2 ~ けん坊の島案内で母島へ ~

ぼくらは今朝、荒木邸で、昼ごろ焼そばをご馳走になって、沖の島を一緒に散策。沖の島の天然記念物の「あこうの木」などを見に行った。

荒木健吉さんは沖の島出身、そして荒木夫妻は2009年の退職後、沖の島に戻ってきたが、沖の島のいわゆる観光スポットをあまり見ていないそうだ。



けん坊の同級生で、磯釣りの船などを運営する金ちゃんとも出会い、金ちゃんにあこうの木の場所、あこうの木が、他の木に網目を張って成長していくことから、「絞めころしの木」として知られていることなどについて、教えてもらった。

そんなこんなで時間は過ぎ、ぼくらは荒木さん宅に戻り、これからお風呂に入って、夕飯を食べるところだ。

今日のユニークな食べ物は、なんとウツボ。開いて干したウツボを、七輪で焼いて食べる。まず、炭を入れた七輪を家の中で使うことにおどろいた。

「これって家の中に匂いがついてしまいませんかねぇ」とも思ったが、「いいんだ、いいんだ」ということであまり気にしてない様子。まぁ、そんなんもありかぁ~。

ウツボの食感は、カリカリしていて、しょっぱくて美味しい。徳島県の伊島ではウツボが外に干されているところを見たが、食べてはない。ウツボを食べるのは今回が初めてだった。

「島でウツボを食べる」何とも良い感じの響きである。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 ウツボ

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)宅にて、ウツボとサバを七輪で焼いて食べる。

ウツボを捕るには、傘型(立体三角形(とんがりコーン))のものが円錐の中入った仕掛けを使う。

通常ぼくらが使う傘のように、立体三角形の傘先端のとがった部分にウツボが進むにつれて、穴が狭くなる。

狭くなっている傘先端の穴に入ると、そこには餌がおいてある。傘先端の穴にウツボが入ってしまうと、傘先端の部分が閉じてしまい、ウツボは後戻りできないのだ。

伊勢海老漁は、海中に120メートル×30メートルの網を「縦」に仕掛ける。仕掛け網の下部分には、重りをくっつけて海底に沈め、上部分には浮きをつけ、海面に浮かせることで、網が縦横に仕掛けられる。

網目に伊勢海老の長い足や触角が絡まり、海老が捕れるのだ。

しばらくすると、「グレ(めじな)をもらってきたんですが、いりませんか?」と、若い男の子がけん坊の家にやってきた。沖の島の漁協で働いている保木司(ほきつかさ)くん(26歳)だ。司くんは、匂いがついてしまうので、魚を捌くのが苦手。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 磯釣り グレ メジナ

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)が捌くグレ(めじな)

けん坊が、「おう、じゃ、おれが捌くから、あとで奥さんといづみちゃんを連れて、夕飯を一緒に食べに来な」と伝える。

ぼくらは「あれ?もしかして、あったかふれあいセンターで会ったいづみちゃんのお父さんですか?」と聞いてみた。そう。ぼくらは、いづみちゃんと司くんの奥さんに昨日、あったかふれあいセンターで出会っているのだ。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 保木司 荒木健吉

いづみちゃんとは、似顔絵を3人で描きあっていた。司くん夫婦とけん坊夫妻は仲良し。2週間に一度、一緒に夕飯を食べているらしい。

けん坊は、グレを外の流しに持っていき、包丁で鱗(うろこ)をとり、3枚におろす。かなり手慣れている。赤い「けん坊」はここまでするのだ。

やはり、けん坊は、実に奥深い。ただ赤いだけではない。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 保木司 荒木健吉

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)宅にて 保木家族。

しばらくすると、司くんの奥さんといづみちゃんがやってきた。

いづみちゃんは、結花のカメラを使ってみんなの写真を撮っている。写真や絵にすごく興味がある子なのだ。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 小学校 保木

笑顔が絶えず、かわいい4歳のいづみちゃんなのだが、いづみちゃんの両親の司くんたちは、2年後の小学校のことで頭を悩ませている。

沖の島の小学校は現在、生徒がいないため、休校中。

建物には耐震強度の問題があるそうで、実質廃校と言っても過言ではない。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 保木司 荒木健吉

高知県 沖の島の保木いづみちゃん

しかし、沖の島には、4歳のいづみちゃんがいる。

いづみちゃんは、2年後、小学校に入学予定だ。沖の島には現在、小学校がないので、司くんたちはそのことで頭を悩ませている。これからいづみちゃんの小学校について、役場などと相談していかなければならない。

果たして高知県または宿毛市は、1人の小学生いづみちゃんのために、沖の島に小学校を再オープンするのだろうか。

個人的には、今後の島の活性化のため、いづみちゃんのためにも小学校をオープンしてもらいたいと感じる。

小学校が再オープンすることで、子連れの若い夫婦が島に戻ってくるかもしれない。これからも沖の島を好きになる世代も育てていきたい。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 磯釣り グレ メジナ

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)が捌いたグレ(めじな)

司くんは以前、バイク王で働いていたそうだ。その後、子どもが産まれて、奥さんの実家がある沖の島へ戻ってきたそうだ。いづみちゃんが産まれたとき、二人の出会いのストーリーを聞いた。

司くんは、いづみちゃんが産まれた日、たまたま朝まで飲んでいたらしい。奥さんは、いづみちゃんの出産で3:00頃、目が覚めて、兄弟に運転してもらい、病院へ向かったそうだ。約2時間で無事、いづみちゃんを出産した。

司くんと奥さんの出会いは、司くんが22歳、奥さんが23歳のとき。当時、二人ともパチンコ屋さんで働いていたそうだ。パチンコ屋では、常に騒音がひどいので、店員はトランシーバーでコミュニケーションをとっている。

パチンコ屋での、シフトの引き継ぎで、トランシーバーの受け渡しをしていたのが、司くんと奥さんの友達。奥さんとはシフト時間帯がずれていたそうだ。

その友達が奥さんを司くんに紹介、話はもっと深い?!かもしれないが… そして2人は結ばれた。司くんたちのきっかけは、このトランシーバーの受け渡し。

「ぼくと結花の出会いのきっかけもシンプルな感じで、『ビラ配りをしていた結花』と『外で休みしていたぼく』から始まったなぁ」なんて思いながら、ぼくは飲みながら、彼らの話しを聞かせてもらった。

彼らのほんのりとしたストーリーで、夜は締めくくられ、今夜、ぼくらは、けん坊の家でお世話になった…(続きはこちら

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 保木司 荒木健吉

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)夫婦と 保木家族。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)が薪でお風呂を沸かしている。五右衛門風呂だ!

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 磯釣り グレ メジナ

アサヒ 井川遥 レモン ウォッカサワー

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)宅。昔懐かしいアサヒの井川 遥(いがわ はるかポスターが張られているけん坊宅。

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)が捌くグレ(めじな)

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 荒木健吉 アサヒ 井川遥 レモン ウォッカサワー

<前回のストーリー 『day 52.1 高知県沖の島の『赤い有名人』2 ~けん坊の島案内。母島へ。天然記念物 あこうの木~』>

<次回のストーリー 『day 53 高知県 沖の島を出発 ~手を振って送ってくれたくれた沖の島のみんな~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 土砂崩れ 徳島 day 43 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え6… …
  2. 土砂崩れ 上勝町 day 42.4 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え5…
  3. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし day 51.1 高知県 沖の島の市原商店での夕べ ~ 人生の流…
  4. スーパー林道 危険 day 42 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え…1 …
  5. 四国 バックパッカー 旅人 day 42.3 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え4…
  6. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.2 高知県沖の島で「あの~すみません!シャワー貸し…
  7. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.3 高知県 沖の島で入浴交渉中?!ぼくらの救世主『…
  8. day 51 高知県沖の島を散策 ~ 市原知佳さん勤務の「あった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP