day 50.1 高知県沖の島 風速18メートル弱 “転覆”しそうな定期船に揺られ

2010年12月14日(火) – ぼくらは現在、沖の島(高知県)行きの宿毛市営定期船が出航する片島港にいる。

今日は朝から何も食べてないので、定期船港付近の「片島磯釣りセンター」(Tel. 0880-62-1091)に入り、鍋焼きうどん(600円)を食べた。

how to get to okinoshima island 宿毛 片島港 沖の島

高知県 四国最南端の島「沖の島」へ。宿毛市の片島港から定期船が出航している

「釣りセンターでうどんかい!」と思うかもしれないが、これがまた美味しいうどんなのだ!

片島磯釣りセンターには、600円の個室温水シャワーの設備もあった。約500円前後の温泉が多いので、「シャワーだけ」にしては、少し高額。しかし、お風呂に入らず3日目…

入りたかったが、どちらにしろ、船の時間を考えると、今回は諦めることにした。



ぼくらは、何とかして、沖の島でシャワーを見つけるつもりでいる。

まぁ、シャワーの話しはともかく、そこの店主はぼくらに「沖の島は、風が強いからテントが吹き飛ばされるし、寒いからテントは辞めたほうがいいよ。良かったら、おれが沖の島の旅館に電話して、予約してあげるよ」と親切に何度も言ってくれた。

how to get to okinoshima island 宿毛 片島港 沖の島

高知県 宿毛市 片島港の周辺

結花はいつものように「どうする?」と不安な表情。

が、「まぁ、そんな問題ないだろ」と、ぼくは勝手に思い、「大丈夫です。なんとかなりますから」と定期船の片島港へと戻った。

時刻表には、片島14:00発と書かれていたが、季節的なものなのか…ぼくの勘違いだったのか…

14:30前に船は片島を出発し、沖の島へと向かっていった。

片島磯釣りセンター

高知県 片島 沖の島へ向かう定期船乗り場近くの片島磯釣りセンター。ここでシャワーも浴びることができる。

沖の島の人口は約200人。沖の島周辺には、人口が約25人の鵜来島(うぐるしま)、無人島の姫島などがある。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島

沖の島は、だるま夕日や磯釣りで有名な島。

鵜来島は、片島港から、23.1キロで、四国最南端に位置する。

沖の島と鵜来島は、足摺宇和海国立公園(あしずりうわかいこくりつこうえん)で、唯一の有人離島。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島

ちょっとした沖の島の歴史だが…

室町時代、沖の島の弘瀬側は土佐(高知)、母島側は伊予(愛媛)と、一つの島内で二つの国が存在していた。江戸時代に、幕府が、各藩に国の絵図を作れという命令が下ったが、双方で国境に関する言い分が異なる。

両藩、話し合いで解決しようとしたが、話し合いが決裂し、幕府の法廷で争われ、15年に及んだ国境争いは土佐藩に有利な判決となった。

廃藩置県後の1874年(明治7年)、沖の島と鵜来島は高知県に移管。その後、太平洋戦争時、沖の島には、海軍の大砲が3基設置され、海軍の要塞の島となった。

この日、ぼくらが乗っていた船は、大きく揺れていた。通常、定期船の欠航を検討する風速は、18メートルだそうだ。この日の風速は18メートル弱。波がひどく荒れていた。

これまで、多くの島へと行ったが、これほどまで揺れていた船は今回が初めてだった。

船外に行って写真を撮りたかったが、まず外にでられない。外にでたら、ずぶ濡れになり、下手すれば、海に落ちる。

今ぼくらが乗っているこの定期船…あと少しで、船が横たわるほどの揺れ。それもそのはずで、欠航ボーダーラインの風速ぎりぎりでの航海だ。船の中にいたが、海水が弾丸のように何度も船の窓にあたってくる。

結花は船に乗った瞬間、船酔いで横になっていた。

ぼくは、おもしろがって、「おーきたきた!」など言って浮いていた、しばらくすると乗り物酔いに滅多にならないぼくでも、かなりの揺れのせいで、気持ち悪くなってきた。

船の2階に行ったが、立っていられない状況だった。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント

高知県 沖の島 キャンプができる白岩岬公園。

ぼくらは母島港に着くと、定期船に乗る人、荷物を乗せる人、お客さんを送迎する人たち、約30人ぐらいだろうか、港には多くの人がいた。

一部の人たちはダイビングの器材を持っている。「何かやたら人が多い。ここは栄えた島なのだろうか…」という疑問が頭を過ぎる。

船から降りてすぐ、近くにいた人たちに、港近くのキャンプ場の場所について聞くと、二人の若い男の人たちがそこまで乗せてくれた。母島周辺を見ることなく、キャンプ地へ向かってしまった。

キャンプ場がある白岩岬公園までは2~3キロ。登り坂が多く、歩くとおそらく1時間以上はかかる道のりだったことだろう。乗せてくれた一人は、看護師だった。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント

高知県 沖の島 キャンプができる白岩岬公園。

キャンプ場の白岩岬公園は、母島と弘瀬の町の中間地点に位置している景勝スポット。ぼくらは、キャンプ場に着いたのだが、キャンプ場も、風が強く、軽いものだったら、簡単にあの世へ飛ばされそうな勢いだった。

眺めは最高だったが、あたりに人がいないので、少し寂しい感じがした。風がなければ、夜の星空、朝や夕方ごろ、日の出や日没を見るには、絶好な場所だろう。

しかし、とにかく、強風がひどかった。ここまでの風にはこれまであたったことがない。

ちなみに、沖の島には、ソフトバンクの電波が全くない。ソフトバンクは都会ではつながるが、地方に出ると、実に使い物にならない。改善されるのだろうか…

まだ、時間は16:00。とにかくひどい強風だ。

公園内の芝生上は、オープンスペースだが、強風がひどいので、軽いものを少しでも置いたら、風で飛ばされる危険性がある。

公園内のトイレ、コンクリートでできた建物など、風を凌いでテントを張れるスペースを探ってみた。

しかし、若干風を防げる場所は、トイレ出入り口のちょっとしたスペースのみ。丸太で作られた、屋根付きのデッキもあるが、四方に壁がないので、強風をかなりうけてしまう。

春から夏ごろには、絶景キャンプ場となりそうだ。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント

高知県 沖の島 白岩岬公園 「四国最南端の灯」

片島港で入手した沖の島に関するパンフレットによると、白岩岬公園と弘瀬の中間地点ぐらいの海岸沿いの絶壁には、船でしかいけない、海がつくりあげた芸術的な洞窟「七ッ洞(ななつうど)(観音洞(かんおんうど))」があるそうだ。

ぼくらは荒波の影響でここへ行けなかった。

また、沖の島には「うどの浜海水浴場」があり、6月の第1日曜に、四国で一番早い海開きが行われるそうだ。シュノーケリングで、珊瑚や魚、運が良ければウミガメも見ることができるそうだ。

とにかく、ここは風が強い。どうする?(続きはこちら

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント

We are now on a regular liner to Okinoshima island, the southernmost island in Shikoku.

Okinoshima is located in Sukumo city, Kochi Prefecture.

It is 23.3km away from the Katashima port in Sukumo. There is Ugurushima island next to Okinoshima. Okinoshima and Ugurushima are the only islands with people living on and are registered as the Ashizuri Uwakai National Park.

In addition, Okinoshima and Ugurushima islands were one of navy bases during the World War II that there are several navy cannons on the islands.

There are about 200 people on Okinoshima and 25 people on Ugurushima. Visitors enjoy fishing and scuba diving on these islands. On Okinoshima, a camping site is located at Shiroiwa Misaki Koen (Shiroiwa Point Park). You can see a panoramic view of the Pacific Ocean. Also, according to the pamphlet of the island, Okinoshima beach opens the earliest in Shikoku, on the first Sunday of June.

Mainly, there are two villages; one is Hirose where we arrived by a regular liner, another is called Hirose. The Shiroiwa Point is located in the middle of these villages. We visited Okinoshima in December during a monsoon or seasonal wind period (from December to February) that there was a strong and cold constant breeze wind everyday. Its speed of the heavy wind was about 18m/s, that a regular liner from Katashima port to Okinoshima ports (Moshima and Hirose) were canceled a few times during our stay. Liner cancelation happens often due to the strong wind during the winter.

On the first day on Okinoshima, we were going to set up our tent at the Shiroiwa Point, but due to the strong wind we reconsidered another place to set up our tent and went to Hirose.

A camping site is located at Shiroiwa Misaki Koen (Shiroiwa Point Park). You can see a panoramic view of the Pacific Ocean. Also, according to the pamphlet of the island, Okinoshima beach opens the earliest in Shikoku, on the first Sunday of June.

<前回のストーリー 『day 50 高知県 四国最南端の『沖の島』へ向けて出発』>

<次回のストーリー 『day 50.2 高知県沖の島で「あの~すみません!シャワー貸してください!」』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

1件の返信

  1. 2015-05-20

    […] ド 『day 50.1 高知県沖の島 欠航ぎりぎり…船内で立っていられない…転覆しそうな風速18メートル弱の定期船の最悪な揺れ具合… ~なんとか沖の島に到着~』> […]

コメントを残す