2010.11: 瀬戸内海の島々<伊吹島・興居島・怒和島・八幡浜 大島・坊勢島>

day 34.1 愛媛県 地大島で『猪探検隊』結成 ~ 獣と遭遇できるのか ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年11月20日(土)– さて、これから、猪を探しに地大島へ出かけようと思う。

ぼくら田舎バックパッカーは、地大島に猪が住み着いていると聞いた。

猪は夜行性だが、山中へと入って行けば、昼間でももしかしたら山で遭遇できるかもしれないと思い、地大島で山登りを始めた。

結花はかなり乗り気で「よし、猪探検隊!」と張り切っている。

野生の猪を自分らで見つけて、見てみたい」、「野生の猪を写真に撮りたい」、「猪がどんな生活をしているのか」を見たいという単純な理由から、「猪探検隊」が結成した。

愛媛県 大島 イノシシ

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島の山中で…猪を探しに山中へ… 道がどんどん無くなっていく】

愛媛県 大島 イノシシの被害

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。猪を探しに山中へ】

 

イノシシ探検隊結成!

畑の横にある小道から、中に入っていった。畑の横にある道は、畑用に整備されている土の道で、かなり荒れている。

途中から道がなくなり、「こっちから来たから、こっちが海で、あっちは島の裏側か…」と自分の方向感覚を信じて進む。

とは言っても、標高100mもなさそうな場所で、島も小さい。下ればどこかの道に出る。

愛媛県 大島 イノシシ

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。猪を探しに山中へ。道が掘り起こされている山中】

愛媛県 大島 イノシシ 竹やぶ

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。猪を探しに山中へ。竹やぶが「ミシミシ」とぶつかり合う。この音が、探検と道なき道の雰囲気をつくる】

竹林に入ると、竹が風に揺られてぶつかる音「ミシミシ」が聞こえ、不気味な雰囲気が漂う。

たまに、「あ!何かいる」と振り返ったり、辺りを見回すが、残念ながら何もいない。

道には、どこにでもいる緑と黄色のしま模様のクモが沢山いる。クモには悪いが、枝でどかしながら道なき道を進むぼくら田舎バックパッカー。

愛媛県 島 イノシシ 蜘蛛

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。猪を探しに山中へ… 道なき道に入ると、この緑と黄色の縞縞模様のクモが沢山出現する】

猪の気配は感じられる。進む道は、獣臭い匂いで充満していて、たまに猪の糞も転がっている。

ぼくらが進む道はかなり荒れていて、猪が通った後も多くある。

ぼくらはお風呂に入っていないとき頭が痒く臭くなる…が、昨日は民宿でお風呂に入れているので、ぼくらの臭いではないことは確か。

猪がどれだけ危険かわからないが、とりあえず探す。

「基本、こっちが威嚇しない限り、獣は襲ってはこない。お互い驚き、離れて行く」と思っている。

愛媛県 大島 イノシシ

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。猪を探しに山中へ…道は猪に荒らされていて、獣臭い匂いが漂う】

中川生馬 鎌倉 バックパッカーに転職

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。今夜、猪探しへ戻ってくるぞぉ】

中川結花子 バックパッカー

【愛媛県 八幡浜 大島の地大島で。猪を見たがる結花】

ぼくら田舎バックパッカーはおそらく頂上と思われるポイントまで行った。これ以上、上へは登れない。

残念ながら、猪は見つからず…。しかし、ここで諦めるわけにはいかないぼくら。

「よし!猪は夜行性だから、また夜にでもここにくるか」と、ぼくらは山を下り、民宿の方向へと戻った。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 34 愛媛県八幡浜 大島のおばあちゃんと犬の“ミカン”』>

<次回のストーリー 『day 34.2 愛媛県八幡浜 大島で楽しそうに魚釣りを楽しむ90歳の“釣りガール”』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. day 31.3 愛媛県 怒和島の田中さんが語る…『怒和島』と『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP