2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継者不足、日本の農作物は無くなるのか…~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
バックパッカー 四国

2010年11月15日(月) – 栄子さん宅で、伊予柑の皮で作ったジャムと食パンをご馳走になり、このジャムをお土産としてもらった。

作り方は簡単で、伊予柑の皮、砂糖、果汁を炊き込むだけだそうだ。

ミカンの皮でも作れるかは聞かなかったが、「伊予柑の皮」でジャムができるなら、その他の皮なども「再利用」して、新たな食べ物を作れそう。ジャガイモの皮?とジャム…

「工夫」や自身の創作的アイディア次第…

バックパッカー 四国

【愛媛県 興居島 (左から)山田享さん(栄子さんの夫)、結花、広恵さん(栄子さんの娘さん)、栄子さん、ぼく(生馬)】

栄子さん家族は伊予かん、琵琶(びわ)、早生(わせ)ミカンをつくっている。

ミカンの競争も激しく、20年前から、ミカンの単価が下落しているそうだ。

現在のミカンの価格は1箱12kgで3,000円。

伊予柑は、1箱7,000円の時代もあったが、現在1箱3,500円台(ざっと30個ぐらいだろうか)まで下落したそうだ。

そして、伊吹島編でも書いたとおり、どんなに質の良い育て方をしても、ミカン(その他農作物も)を農協に出荷すると、その他の農家のものと同じ価格となる。

同じ興居島の品種として、出荷・販売されてしまうのだ。

質の良い肥料を使用したり工夫をしてお金をかけて作物を育てても、農協に出荷すると、まわりの農家の物と同じ値段。

せっかく苦労して育てたのに、「その苦労って何だったのだろう…」と思ってしまう。

興居島 みかん

【愛媛県 興居島 ごろごろと転がる柑橘類】

 

ミカンを美味しくする秘訣

農家の人たちは、ミカンを育てるのに工夫をしている。

ミカンの木の下に、銀紙を敷く。下に敷かれた銀紙により、太陽の光が上向きに反射し、ミカンの下側にも太陽光があたる。

そんな工夫により、ミカンが、より甘くなるようにしている。

この太陽光の照り返しを活用する工夫、ミカン農家にとっては当たり前なのかもしれないが、ぼくらにとっては「へ~そうなんだ」と思う工夫だった。

また、興居島の伊予柑、ミカンは、海の潮風にあたるため、海のミネラルをうけ、甘みがでるとも言われている。

島は、海に囲まれ、何でも海風にあたりやすい。「海のもの」は、「農」のミネラルになる。

これが美味しい農作物の育て方の秘訣なのかもしれない。

石川県の穴水の能登ワインでは、葡萄の肥料に、ミネラルが豊富な牡蠣を活用している。

牡蠣の殻を砕いて、葡萄を育てる肥料として使っているのだ。おそらく、それと同じような理由なのだろう。

坊勢島の漁師は漁獲量。魚をより多く捕るために、網を自身で工夫して作っている。

興居島の農家は、柑橘類をより甘くするために、海のミネラルや太陽光を上手く活用している。

第一産業では、比較優位性を維持するために、あらゆる工夫をして、事業を継続している。

海外勢との競争の中、新たな工夫がないと、ミカン農家も生き延びることができない。

ただ、農家の場合、農作物を工夫して育てても、農協に物を出荷すると、価格が変わらないのはおかしな話だ。

もちろん、農協を通さず、インターネットを活用して、販売することもできるが、現状、農協のネットワークにはかなわない。

ただ、上記のように工夫をして農業を続けていても、農家は現在、根本的な共通の問題を抱えている。

 

深刻な後継者不足

後継者がいないのだ。「後継者がいない」という発言は、あらゆる旅先で、農家や漁師から耳にする。

「日本の漁業や農業は、存続することができるのだろうか」、「ぼくらは、日本で作られたものを食べ続けることができるのだろうか」という疑問が常に頭を過ぎるようになってきた。

これも今後、大きな問題点になりそうだ。

興居島 みかん

【愛媛県 興居島 ごろごろと転がる柑橘類】

品質重視のために、どう工夫をするかが農家や漁業の存続につながると感じた。

品質を維持・向上させれば、売れる。頑張って研究を重ねれば重ねるほど、売れるのだ。

こんな時期に5,000~6,000円の直売価格をつけている農家もあるとのこと。

それだけ、ミカンの育て方にこだわりをもって、研究や工夫を重ねているからできることだろうか。

しかし…「後継者」がいなければ、根本が崩壊する…。今後、日本の農業や漁業はどうなるのか。

ところで、伊予柑、ミカンと競争する農作物を知っているだろうか?

これら柑橘類は、イチゴと同じ時期に収穫されるため、イチゴと柑橘類が好きな人に二分するそうだ。<続きはこちら

<前回のストーリー『day 29 愛媛県 興居島 栄子さん家族との出会い』>

<次回のストーリー『day 29.2 愛媛県 興居島 忽那諸島で開催されていた「島博覧会」』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 愛媛県 八幡浜 day 32.3 愛媛県 八幡浜 バックパッカーがテント泊/野宿…
  2. 大島 港 愛媛 day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結…
  3. 愛媛 興居島 瀬戸内海 住職 day 28.1 愛媛県 興居島 弘正寺の住職さんの車で、泊から…
  4. 愛媛県 怒和島 day 31.7 愛媛県 怒和島 田中さんの家で飲み食べ語る&#…
  5. 四国 香川 旅 島旅 day 27 香川県 伊吹島で「お元気で。ガンバッテー。マタキテ…
  6. 大島 愛媛 散策 day 33.1 愛媛県 八幡浜大島 散策 ~ 到着早々ベンチで…
  7. バックパッカー 瀬戸内海 島 伊吹島 day 26.6 香川県 伊吹島 ”瀬戸内国際芸術祭”参加を目指…
  8. day 24.1 兵庫県 坊勢島 最終日 ~「技術力の高い」漁師…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却先 募集中 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  1. 田舎 広報 仕事
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  3. SNS 中傷 コメント
  4. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  5. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP