2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 29 愛媛県 興居島 栄子さん家族との出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
バックパック 島旅 瀬戸内海 興居島

2010年11月15日(月) – この日は、一日中だらだらと寝ていた。興居島の天気は良く、久しぶりによく寝てしまった。

実は今朝、朝食を食べて、また寝てしまったのだ。

バックパッカー 四国 興居島

【興居島 相子ヶ浜海水浴場】

ようやく起きて、ぼくら田舎バックパッカーは商店へと行った。

(銭湯や温泉がないことは知っていたが)商店の店員さんたちに、どこかでシャワーを浴びることができないか聞いた。

すると、「栄子さんに聞けば、近くの公民館を開けてくれるかもしれないわよ」と栄子さんに電話してくれた。

この噂の「栄子さん…」、そういえば昨日、海水浴場までぼくらを乗せてくれた弘正寺の住職も「栄子さんが…」と話していた。

何かと、興居島住民の口から、「栄子さん」が出てくる。栄子さんって一体誰なんだ?

商店の人に聞いてみると、「栄子さん」は、ぼくらがテントを張っている山田商店のオーナーだということがわかった。

島の世界では、みんながみんなを知っていて、すぐにつながる。

連絡をとってくれた店員さんが、栄子さんのところまで車で送ってくれた。

バックパック 島旅 瀬戸内海 興居島

【興居島 テントを張った相子ヶ浜海水浴場の山田商店。机に置いてあるのはぼくらのバックパック】

 

果たして今日はシャワーを浴びれるのか…

公民館には、シャワーがある。栄子さんがそこを開けてくれれば、ぼくらはシャワーを浴びることができる。

車で公民館に到着。そして、栄子さんが公民館にやってきた。足が悪いのか、少しびっこを引いて歩いている。

彼女の名前は、山田栄子さん。「昨日、タイから帰ってきたのよ。あなたたちちょうど良かったわね」と栄子さん。

16歳のころから毎年、相子ヶ浜海水浴場の山田商店に遊びに来ている子が、山田さん夫妻をタイ旅行に招待してくれたそうだ。

この彼は現在、45歳。食材の輸出入をしている会社の重役をしていて、タイにいるそうだ。

さて、公民館のシャワーだが…、

栄子さんは、公民館に来てくれたがドアの鍵を持っていない。違う人がもっているのだ。

栄子さんが「うちにいらっしゃい」と家まで連れてってくれた。すると、「ここでシャワーを浴びていいよ」と、栄子さん宅のシャワーを使わせてもらった。

シャワーを浴びさせてもらい、しばらくすると娘さんが帰ってきた。

興居島や栄子さん家族の仕事についてなど、しばらく山田栄子さん、栄子さんの旦那の享(すすむ)さん、娘の広恵さんとの会話を楽しんだ。<続きはこちら

<前回のストーリー『day 28.3 愛媛県 興居島 「さぁ、ビールだ」 ~スクーターを貸してくれた萩野さんとの出会い~』

<次回のストーリー『day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継者不足、日本の農作物は無くなるのか…~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…
  2. 日振島 養殖 笠岡 穴場 漁師 愛媛県 夕日 綺麗なところ day 54.2 愛媛県 日振島の若手ハンサム養殖業者の笠岡彰さ…
  3. 四国 愛媛県 ナインティナインの岡村似 濱孝明 モンロー Ehime Hiburishima island aquaculture japan day 54.1 愛媛県 日振島の『ナイナイ岡村似』濱孝明さんと…
  4. 大島 愛媛 散策 day 33.1 愛媛県 八幡浜大島 散策 ~ 到着早々ベンチで…
  5. バックパッカー 中川結花子 興居島 瀬戸内海 day 28.3 愛媛県 興居島「さぁ、ビールだ」 スクーターを…
  6. 興居島 バックパッカー 島旅 四国 day 28.2 愛媛県 興居島での一夜目
  7. day 24.1 兵庫県 坊勢島 最終日 ~「技術力の高い」漁師…
  8. バックパッカー 四国 day 26 田舎バックパッカー、イリコの『伊吹島』(香川県) …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  1. 田舎 広報 仕事
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  3. SNS 中傷 コメント
  4. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  5. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP