day 26.6 香川県 伊吹島 ”瀬戸内国際芸術祭”参加を目指す

2010年11月12日(金) – そして、ぼくら田舎バックパッカーは英語の授業を後にし、藤代さんがいる1階給湯室へと行った。

校長先生の山本忠由さん、藤代さん、養護助教論の宮崎奈々さんとお話しした。

伊吹小中学校では、「ふるさとを愛し、自ら学び、心豊かでたくましく生きる自動・生徒の育成」を教育目標として掲げ、子どもを「伊吹の自然や地域社会を知り、ふるさとを大切にする子」、「友達と仲良く、ともに伸びていこうとする、やさしく思いやりある子」、「伊吹の自然約地域社会を知り、ふるさとを大切にする子」に育てることを目指している。

バックパッカー 瀬戸内海 島 伊吹島

【伊吹島 伊吹小中学校で。(左から)結花、山本忠由 校長先生、自分(生馬)、豊浦藤代さん】

生徒が少ないことのメリットは沢山ある。わからないことを、個別に先生から徹底して教えてもらえる。

生徒が少なければ少ないほど、先生との密なコミュニケーションをとることができる。

「みんな頭がいいですよ。都会の子どもたちのように、塾に行く必要がないので費用もかからない」と校長先生は話す。

一方では、その他の人たちとのコミュニケーションの取り方を学ぶことは、難しいのかもしれない。

島や小さいコミュニティに住んでいる人たち、人の出入りが少ない島の場合、島以外の人たちとコミュニケーションを交わすことが少ないため、様々な意見を取り入れることが、難しいこともあるかと思う。

島の人たちは、誰にでもフレンドリーに話しかけ、挨拶をする。お互いを知っている。みんなの成績も大体わかるようだ。



 

瀬戸内国際芸術祭と伊吹島

長期的に島を活性化させるには、どのような施策が効果的なのだろうか。

山本校長先生は、島を元気づけようと、「瀬戸内国際芸術祭」が今後も開催されるようであれば、この芸術祭の開催地の一部に伊吹島も入れるよう、芸術祭の中心人物でディレクターの北川フラムさんに働きかけたいと言う。

このイベントをとおして、瀬戸内海の島々の活性化に貢献したことから、北川フラムさんは2010年、香川県文化功労者に選ばれた。

芸術祭の参加者は約93万人。このイベントにより、直島は、世界で一番行きたい島の一つに選ばれたとのことだった。

伊吹小中学校の生徒も参加して、「島を元気づける効果になるのではないか」と話していた。

一時的なもので終わってしまう可能性もあるが、毎年、継続してこの芸術祭が開催されれば、島を活気づける一歩になるかもしれない。

伊吹島では、イリコでブランド化させようとしているが、特に継続して情報発信しているようにも見えない。

この島には現在、「何かをやろうとするリーダーがいない」そうだ。お祭りの3ヶ月間、自分らが主役になれれば、「自分たちで何かをしなければ何も生まれない」という発想や積極性を学ぶことができる可能性もある。

大半は、都会にいれば仕事があると思い、島や地方を出て、都会に移り住む。

バックパッカー 伊吹島 島 イリコ

【観音寺市立伊吹小・中学校】

しかし、その大半は、「仕事があれば地元に残りたい」という想いをもっている。「都会に行けば仕事がある」のような受け身的な考えから、「自分らで何かを始めれば何とかできる」という、何かを生み出すような考え方と、その行動力を身につければ、島も活気づく。

芸術祭がそのきっかけになれば、大きな一歩となる。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 26.5 香川県 伊吹島の中学校での講演 ~オレゴン経験が長いバックパッカーが語る「日本とアメリカ教育の違い」~』>

<次回のストーリー 『day 26.7 香川県 伊吹島 藤代さんの家族との縁 – その1 –』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す