day 26.3 香川県伊吹島 伊吹民俗資料館で学ぶ島の歴史

2010年11月12日(金) – 田舎バックパッカー夫婦は、伊吹島(いぶきじま)の旧・伊吹小学校出発後、伊吹幼稚園の建物を活用し、島の人々が作った伊吹民俗資料館へと向かった。

四国 島旅 伊吹島

【伊吹島 伊吹小学校前の合田商店(ごうだしょうてん)の可愛い犬】

バックパッカー 四国 伊吹島

【伊吹島 伊吹小学校前の合田商店】

バックパッカー 四国 伊吹島

【伊吹島 民族資料館 島の歴史、過去使われていた民家の道具(農具、漁具など)、文書資料などが展示されている】

資料館の入場は無料。資料館には、漁具や民具、ぼくらには古くて読めない文書資料などが展示され、伊吹島の歴史やライフスタイルがこの資料館に行けば、ざっとわかる。

四国 伊吹島 資料館

【伊吹島 民族資料館内】

バックパッカー 四国 伊吹島

【伊吹島 民族資料館内】

バックパッカー 四国 伊吹島

【伊吹島 民族資料館内】

tabi_02_shikoku1_2010_11_0423

【伊吹島 民族資料館内 伊吹島と言えば…】

伊吹島 四国 いりこ 日本一

【伊吹島 民族資料館内 伊吹島と言えば…イリコ(煮干し)】



 

伊吹島の人口

島の人口は現在、減少傾向にある。昭和31年の全盛期には、約4,500人弱の人口だったが、それ以降、1957年から減少傾向に転じた。

平成17年には、1,000人をきってしまった。やはり、「田舎/地方には仕事がない」ことが原因となっているのだろう。

島の人々も親切そうな人たちばかりだし…こんなに良さそうな島なのに、空き家だらけにするのは、もったいない…と思ってしまう

伊吹島 人口減少 いりこ

【伊吹島 民族資料館内 伊吹島の世帯数・人口の推移(1872年~1990年)】

伊吹島 人口減少 いりこ 四国

【伊吹島 人口の減少をグラフで見る。小さな島々の人口は、同じように人口が減少していると思われる】

この資料館にもイリコに関する情報が多く載っている。

島内では、「イリコの伊吹島」ブランドを強化しようと、ポスターが多くの場所に張られ、どこに行っても、「イリコ」を見かける。

資料を読んで知った話だが、島には、約1万年前の石器や縄文、弥生土器などが出土したことから、かなり古くから人がいたと思われているそうだ。



 

伊吹島の名前の由来は?

島周辺の海底から泡が吹き出しているところがあり、島の人たちが「大地が息を吹いている」と思われたことから「息吹島」となり、最終的には「伊吹島」と呼ばれるようになったと言われている。

資料館のすぐ近くには、島で一番大きい「平井井戸」(通称ヒラヤの井戸)がある。島には湧水がない。

江戸時代、寛永15年(1638年)、島民は干ばつに苦しみ、丸亀藩の援助でできた井戸。約300年間、島民に水を供給した。

昭和48年(1973年)、簡易水道の改良事業の完成以来、この井戸は中継槽として使用されているそうだ。

その後、昭和59年(1984年)5月、室本町から海底送水管の敷設により、島内に水道がひかれた。

バックパッカー 四国 伊吹島

【伊吹島 平井井戸の由来】

電気は昭和42年(1967年)までは自家発電。昭和42年10月から、海底送電線による送電が開始され、水産加工業の発展で電力需要が増し、昭和63年(1988年)に海底送電線を増設した。

バックパッカー 四国 伊吹島

【伊吹島 電気導入記念】

また、今では県道工事のため、解体されたが、産後約1カ月間、産婦が新生児とともに家を離れて集団で暮らす伊吹産院跡「出部屋(でべや)」があるそうだ。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 26.2 香川県 旧・伊吹小学校で懐かしい小学校の雰囲気…』

<次回のストーリー 『day 26.4 香川県 伊吹小中学校の校門前で、『伊吹島のお母さん』藤代さんと“怪しい”ぼくらバックパッカーの出会い』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す