2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 26.1 伊吹島(香川県)のイリコ(イワシの煮干し)漁 ~ 役場 岩田支所長との出会い ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
伊吹島 小学校 中学校 旅 島旅

2010年11月12日(金) – 前回の話しに続き、ぼくらは香川県の瀬戸内海に浮かぶ伊吹島(いぶきじま)にいる。(前回のお話しはこちら

早朝から、島民の久保さんと出会い、島に関するお話しを聞いているところ。

ぼくらは、久保さんに、小学校内での宿泊について聞いてみた。

すると、久保さんは早速、役場に勤める娘さんに電話をしてくれ、その10分後、観音寺市役所 伊吹支所の支所長 岩田和社さんが小学校に来て、小学校での宿泊や伊吹島について説明をしにきてくれたのだった。親切な方だ。

焚火などをしなければ、校庭にテントを張ることは、問題ないとのことだったが、小学校の校舎内に一人泊めると、今後、他の人たちも許可しなければいけないため、断られた。確かに、ぼくらだけを許可するわけにはいかない。

せっかくの機会だったので、ぼくらは、伊吹島について、いろいろとお話しを聞かせてもらった。

まずは、いきなりだが…最近、この島を活性化するために行っているプロジェクトについて聞いてみた。



現時点では、企画中とのことだったが、「伊吹島を元気づけたい。この島内の道路などのインフラを整備して、住みやすい場所にしたい。これにより、訪問者が伊吹島でのひとときを楽しめるだろう」と語っていた。

坊勢島(ぼうぜじま)(兵庫県)に行ったとき、瀬戸内海の島々の活性化を狙う国家プロジェクトの一環として「瀬戸内海国際芸術祭」が開催されていたことを聞いていた。

この「瀬戸内国際芸術祭」は、2010年7月19日に開幕し10月末に閉幕した。香川県の報告によると、このイベントは約1億400万円の黒字、総来場者約93万8千人で閉幕したそうだ。

次回、2013年にこのイベントが開催される予定となっている。

瀬戸内海国際芸術祭 伊吹島

【伊吹島(香川県)への定期船内に張られていた「瀬戸内国際芸術祭2010」のポスター】

伊吹島はこの「瀬戸内国際芸術祭」が開催された島の一つに入っていなかったが、このようなイベントに参加して、伊吹島をまず知ってもらうことから始めるのも一つの手だと思ったが、それに関しては、まだ何とも言えないとのことだった。

伊吹島 小学校 中学校 旅 島旅

【伊吹島 伊吹小学校の校長室 小学校の雰囲気が懐かしくなりいろいろと写真を撮ってしまう…】

岩田さんが来る前に、久保さんから聞いていたイリコ漁のトピックに戻った。

伊吹島のイリコ(イワシの煮干し)漁は2隻の漁船が平行して走行し、その2隻の漁船の間に網を仕掛け、網を引っ張り、イワシを捕える。

通称「バッチ網漁」と呼ばれるそうだ。

網を曳く漁船2隻、1隻の運搬船と探知船の4隻でバッチ網漁は行われる。

伊吹島の周辺の海流は穏やかで、水深は20~30メートルと浅く、太陽光が底まで当たりやすいため、イリコの骨や身が柔らかいと言われているそうだ。

伊吹島ではイリコの鮮度を考え、伊吹島の網元が、イリコの漁から乾燥と加工までの一貫した工程を短時間で素早く行っている。

数十分の短時間の加工作業のため、酸化防止の添加物などを使用せず仕上げる。毎年6月から8月、島は“イリコ漁”で活気にあふれる。

2009年のイリコの漁獲高は約20億円、2010年は約8億円だったそうだ。網元は、17軒なので、1件あたりの売り上げは、漁獲高割る網元17軒。2010年は単純に、魚が捕れず、売り上げが下がったそうだ。

この島の人口の分布は、65歳以上が43%、20~30代が20%とお年寄りがほとんど。

実質、伊吹島に常時住んでいる住民は700人程度だが、夏のイリコ漁の時期には、900人に増えるという。

冬の期間、人は都会で仕事をし、夏の期間になると、伊吹島に戻ってくるそうだ。

稼ぎが良い「イリコ漁」に魅力があるから、イリコ漁の期間限定で、若者含め人々が地元に戻ってくる。

通年で、ある程度の稼ぎがあれば、皆、伊吹島へ戻り住むのだろうか…



 

伊吹島の空き家事情

また、伊吹島には空き家が200件ほどあるそうだ。しかし、空き家の持ち主は、他人に家を貸すことを拒む。

賃貸の際、家の中の整理・整備が発生してしまうため、家の持ち主にとって、そのような作業が“手間”となってしまうためだ。

これでは、風通しが悪くなり、廃屋化が進んでしまう。

島内には、宿泊施設として、「春日旅館」と「民宿いぶき」がある。「民宿いぶき」は、瀧宮神社、波切不動尊方面に位置している。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 26 バックパッカー夫婦、イリコの『伊吹島』(香川県) 旧・伊吹小学校で久保さんと出会う』>

<次回のストーリー 『day 26.2 香川県伊吹島の小学校で“懐かしい雰囲気”を感じるバックパッカー夫婦』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…
  2. 四国 島旅 伊吹島 day 26.3 香川県伊吹島 伊吹民俗資料館で学ぶ島の歴史
  3. シュードタキライト 大島 愛媛 day 33.2 愛媛県八幡浜『シュードタキライト』で有名だが子…
  4. 90歳 釣り おばあちゃん 田舎暮らし day 34.2 愛媛県八幡浜大島で毎日魚釣りを楽しむ90歳の『…
  5. 四国 バックパッカー 怒和島 島めぐり day 31.1 愛媛県 怒和島で“どでかい”バックパックを背負…
  6. バックパッカー 中川生馬 講演 day 26.5 香川県 伊吹中学校で語る日本とアメリカの教育の…
  7. 荻野さん 興居島 みかん day 30 愛媛県 興居島の萩野さんからもらった最高に美味しく…
  8. 愛媛県 怒和島 学校 day 32.1 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾: 怒和小学校の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 > 上勝町 紅葉 究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッカーがデカデカと?! ~ 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  1. 田舎 広報 仕事
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  3. SNS 中傷 コメント
  4. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  5. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP