2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を呼ばれたオレゴンでの出来事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
オレゴン ホームステイ 家族 写真

2010年11月11日(木) – ぼくら田舎バックパッカーは、伊吹島に着いた。もうあたりは、真っ暗。

電灯がほとんどなく、懐中電灯で辺りを照らさないと、先の道が見えなかった。この島の道は、坂が多い。

坂が多いところは、坊勢島(ぼうぜじま)と似ているが、坊勢島のように細々した迷路のような小道は少なく、複雑ではないような感じだ。

ぼくらはとりあえず、定期船内で先生に教えてもらった、現在使用されてない小学校へと向かい、暗い校庭でテントを張り、夕飯を作り始めた。

ご飯を作っていると、猫が寄ってくるが、懐かれるとよくないので、ご飯はあげずに放っておく。

今夜の飯盒(はんごう)での炊飯などの料理は結花に任せる。飯盒炊飯を結花に任せたのは、今回が初めてだと思う。

ぼくは今日昼間から体調を崩し、まだ少し熱がある。体外に悪いものを出そうと、水をがぶ飲みし、横になって寝始めた。

ぼくはいつも、風邪がひどくなる前に、一気に大量の水をがぶ飲みして、体内から悪い物を出そうとする。

オレゴンでの“夢”

さて、「風邪で熱があったとき」と言えば…一度、こんなオレゴンでの出来事があった。あれは「一度」で十分な出来事だった…

アメリカのオレゴン州で高校時代を過ごした頃のある日、友達の梅木一人(かずひと)(カズ)のホームステイ先に泊まりに行った。

あれは…アメリカに行き、1年目後半もしくは2年目に入って間もない時だったと思う。

オレゴン ホームステイ 経験 peter barbara thoreson

【オレゴンでのホームステイ先の家。ノースウェスト・ポートランド】

当時、ぼくはテニスばかりしていた。その日の昼間、ぼくは、テニスをしないカズを、一日中テニスに付き合ってもらい、5時間ぐらいテニスをした。テニスコートが、カズの家の隣にあったことを覚えている…

その夜、カズのホームステイ先の夫婦のKaren(カレン)さんとDenis(デニス)さん、ぼくら二人は、Beaverton(ビーバートン)市内のMcMenamins Pubs & Breweries(マックメナミンズ パブ アンド ブリュワリー)に行き、ハンバーガー、フレンチフライなどの夕飯を食べた。

Beaverton(ビーバートン)と言えば、Nike(ナイキ)の本社があることで有名な都市。ぼくとカズは、16歳の未成年だったので、ビールなどは飲んでいない。アメリカのバーやスーパーなどでは、身分証明書を見せて自身が21歳以上を証明しないと、ビールなどのお酒類を販売してくれない。

おそらく、ぼくらはまだ、お酒の中でもビールを美味しいと感じてなかった時期だったと思う。まぁ、そんなことはともかく…

オレゴン ホームステイ 経験 peter barbara thoreson

【Peter と Barbara。My host parents in Oregon.】

ぼくらは、McMenaminsからカズの家に戻り、映画などを見て、ゲスト用の部屋がなかったので、ぼくはリビングで寝た。その夜中が、「げっそりした夜」の初日だった。

ぼくは一人、夜中に体調を崩した。Denisさん、Karenさん、カズを起こすのは申し訳なかったので、一人で何とかその場を切り抜けようとした。苦しい嘔吐がとにかくひどかった。

しかも…我ながら、申し訳なかったことは…吐くときにトイレに間に合わず、台所の流しで、数回、吐いてしまった。吐くことも必死だったが、台所の流しを詰まらせないようにすることでも必死だった。

必死で、吐いた物を、流しに「無理やり押し込み流した」感じだった。汚い話だが、おそらく、これくらい、誰にでも経験があるかと思う。

翌日の悪夢

さて…、事態がさらに悪化したのは、翌日だった…

翌朝、38°以上のひどい熱だったので、自分のホームステイ先に戻った。ぼくのホームステイ先の夫婦は、Peter(ピーター)とBarbara(バーバラ)。

Peterはやんちゃ、芸術家、釣り好き、パン職人。彼は、週末になるとオレゴン北西の海岸沿いにある町Pacific City(パシフィックシティ)のPeterのお母さんの別荘に行き、のんびりしたり、釣りを楽しんでいる。

Barbaraはものすごく心配性で、常に何らかの心配をしている。ひどいときは、不安発作(anxiety attack)が起きてしまうほど。例えば、ぼくが、友達とスノボーにバスで出かけようとすると、「雪の中、バスが転倒したらどうするの?」と、とんでもなく当り前な質問で、高校生のぼくに、英語では返答しづらい質問を投げかけてくる。

悪夢から襲った出来事はこの夜に起こった。ぼくは単純に寝ぼけただけの話だが…

ぼくは、Barbaraに心配されながらも、ゆっくりと寝始めた。Barbaraは心配性なので、「水を飲みなさい」と、ぼくの部屋に入り、ぼくに水を飲ませるために、夜中1:00に起こす…

心配してくれるのは大変ありがたいが…熱がひどく、ぼくとしてはゆっくり休みたい。夜中の1:00だ。何と言うか…、少しイラッとする。そしげ、ひどい事態はここから始まった…

ぼくは、起こされた時、これまでにない怖くて悪い夢をみていた。(とは言ったものの…夢の内容は覚えてない) 水を飲み、急に怖くなってしまったぼくはまず、リビングに行き、映画を見ていたPeterの手を握り締め、「Help, Peter! Help!(助けてよ、ピーター!)」とPeterに何らかの助けを求め始める。

Peter と ぼく(犬はミニチュア・シュナウザー4匹)。Peter and me. They had four Miniature Schnauzers (at the time)

【Peter と ぼく(犬はミニチュア・シュナウザー4匹)。Peter and me. They had four Miniature Schnauzers (at the time).】

そう、ぼくは、悪夢を見たまま、現実に入り込んでしまい、パニック状態となっていた。Peterはただ、にやにやと笑う。そりゃそうだ。おそらく、ぼくでもそうしただろう。

しかし、単純に夢の延長にいたぼくとしては、とんでもない状況だった。とにかく、怖かったのだ。ぼくは、Peterに対して「この人何もしてくれない」と判断し、台所にいるBarbaraに、なぜか日本語で話し始めた。Barbaraはもちろん英語しか理解できない…

心配性なBarbaraは、“What should I do?”という状況になり、911にダイヤルして、こんな夜中に救急車を呼んでしまったのだ。

オレゴン ホームステイ 家族 写真

しばらくすると、家の周辺は、救急車の赤い点滅の光に囲まれた。救急隊員が、ぼくに“Are you ok?”などと話しかける。

救急車が到着したころ、ぼくは、冷静さを取り戻し、我に返ったので、「やばいなぁ。救急車に乗ると、100ドル以上かかるぞ」などと思い、“It’s okay. I don’t need to go to a hospital”などと返答し、救急車に帰ってもらった。

…という、とんだ「寝ぼけ」から救急車を呼ばれ、迷惑をかけた夜中だった。

伊吹島到着の初日、ぼくはこんなことを思い出しながら寝たのだった。<続きはこちら

アメリカ オレゴン ハロウィーン かぼちゃ パンプキン 削る

<前日のストーリー 『day 25 香川県最西端の“伊吹島”』へ>

<翌日のストーリー 『day 26 香川県 伊吹島 伊吹小学校での久保さんとの出会い ~“イリコ”の伊吹島~』>

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

関連記事

  1. 笠岡彰 養殖 日振島 day 55.1 愛媛県 日振島 『魚には魚の餌』『養殖漁師は魚…
  2. 八幡浜大島(愛媛県)のおばあちゃん みかん day 34 愛媛県八幡浜大島のおばあちゃんと犬の「ミカン」
  3. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  4. 愛媛県 波止場 day 27.2 愛媛県波止浜 バックパッカー見て「旅はいいです…
  5. 兵庫県 坊勢島 乱菊ずし 海鮮丼 day 23 兵庫県坊勢島の寿司屋「乱菊すし」へ
  6. バックパッカー 四国 day 26 田舎バックパッカー、イリコの『伊吹島』(香川県) …
  7. 坊勢島 漁船 漁師 day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師…
  8. 坊勢島 海苔 洗濯機 day 22.1 兵庫県 坊勢島の気になる『タンク』と全国『約1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 “歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  1. 田舎 広報 仕事
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  3. SNS 中傷 コメント
  4. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  5. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP