2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 22.2 兵庫県 坊勢島での“大きな”トイレパニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
兵庫県坊勢島 工事のお姉さん トイレ

2010年11月8日(月) – ぼくらは、松尾さんが姫路に向けて出発する14:00前に、海苔の町をあとにし、定期船乗り場へと戻って行った。

兵庫県 坊勢島 駐在所

途中、商店で今夜の食材を購入。交番の駐在所や学校を通り過ぎると、「島、母校、そして自分を誇れる人に」と書かれた大きなバナーが校舎に貼られていた。

兵庫県 坊勢島 島、母校、そして自分を誇れる人に

昨晩、定期船乗り場近くの自販機で出会った、坊勢島の漁師について誇らしげに話す若い人を思い出す。

 

大きなトイレ交渉始まる

それはともかく、さっきから結花の様子がおかしい…

学校前あたりで、結花の足が急に速くなった。なぜだか、少し口調がイライラしている。トイレだ…

あまり外のトイレを使うことを避けたいのか、誰にも「トイレはどこですか?」と尋ねない結花。追求すると「大きいほう」をしたいと…

結花はどんどん一人で進んでしまった。

定期船乗り場までの近道を、工事現場の人たちに聞く。島内陸へと進む近道は複雑で迷いやすいので、工事現場の人が、ぼくらを途中まで案内してくれた。

坊勢小学校でトイレ交渉

急な坂道を上り、坊勢小学校に出る道へと進んだ。工事現場のお兄さんは一足先にバイクで進み、小学校近くにある幼稚園付近でぼくらを待っていた。

そして、坊勢小学校に着くと、工事現場で交通整理関連を担当していそうなお姉さんに道案内をバトンタッチ。「ハリセンボンのはるかに似ているなぁ」と思ったぼく。



そんなぼくの思いはどうでもよい結花は、定期船乗り場へと急ぐ。

急ぎたそうだが… 結花は乗り場まで耐え切れそうにない。限界か…そして少しパニック状態だ。

姫路市立坊勢小学校

お姉さんまで急がせて、定期船乗り場まで戻る必要がないと思ったぼくは、お姉さんに、小学校のトイレを使うことができないか聞いてみた。

「おそらく問題ないと思いますよ」と返答。結花は小学校に入り、トイレを済ませた。ようやく結花が落ち着き笑顔に戻った… 「大きな」トイレが結花をパニックにさせた数十分だった…

兵庫県坊勢島 工事のお姉さん トイレ

「ハリセンボン」のお姉さんとぼくらは細い道をとおり、昨晩ビールを買った自販機がある道まで来た。

兵庫県 坊勢島 松尾さんにお別れの挨拶

兵庫県 坊勢島 ラピート桂  上田晃稔

定期船乗り場に戻り、松尾さんとお別れした。ぼくらは今晩テントを張る予定の海水浴場に移動。

「テントを張る際は、『ささゆりの会』に電話をして下さい」と書かれたボードがあったので、「ささゆりの会」代表に電話をして、許可を取る。

夕飯を済ませたぼくは、歯ブラシをしようと、トイレへと向かった。途中、ちょっとしたアクシデントが発生した。

暗くて見えなかった道に、雨水用の溝があり、そこに足がはまってしまい、転んでしまった。右足サンダルの紐が切れてしまい、サンダルは使えない状態に。

そして、ズボンの右膝箇所が破れて穴が開き、膝にはかすり傷を負ってしまった。膝に痛みはなかったが、唯一持ってきたズボンだったので、ショックだった…

兵庫県 坊勢島 テント キャンプ

これで、汚なくだらしがない浮浪者イメージがついてしまう…など、つまらないことで、少しショックを受けて寝たぼくだった。<続きはこちら

兵庫県 坊勢島の漁港

【兵庫県 坊勢島の漁港】

兵庫県 坊勢島 学校周辺のとおりの壁には、スヌーピーの絵などが描かれていた

兵庫県 坊勢島 学校周辺のとおりの壁には、スヌーピーの絵などが描かれていた

兵庫県 坊勢島 学校周辺のとおりの壁には、スヌーピーの絵などが描かれていた

【兵庫県 坊勢島 学校周辺のとおりの壁には、スヌーピーの絵などが描かれていた】

兵庫県 坊勢島 「卒業…スタートへのゴール…そこで感動できたなら きっと次(未来)もうまくいく…」

【兵庫県 坊勢島 「卒業…スタートへのゴール…そこで感動できたなら きっと次(未来)もうまくいく…」】

<前回のストーリー 『day 22.1 兵庫県 坊勢島の気になる「タンク」と全国『約1%』の関係』>

<翌日のストーリー 『day 23 兵庫県 坊勢島の「乱菊すし」へ』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 日振島 養殖 笠岡 穴場 漁師 愛媛県 夕日 綺麗なところ day 54.2 愛媛県 日振島の若手ハンサム養殖業者の笠岡彰さ…
  2. 笠岡彰 養殖 日振島 day 55.1 愛媛県 日振島 『魚には魚の餌』『養殖漁師は魚…
  3. いりこ 瀬戸内海 旅 伊吹 day 26.8 香川県 伊吹島に三好さんと合田さんが多い歴史的…
  4. バックパッカー 四国 伊吹島 day 26.4 香川県 伊吹小中学校 校門前で“島のお母さん”…
  5. バックパッカー 四国 瀬戸内海 島 day 26.7 香川県 伊吹島 藤代さん家族との縁 ̵…
  6. シュードタキライト 大島 愛媛 day 33.2 愛媛県八幡浜『シュードタキライト』で有名だが子…
  7. 大島 港 愛媛 day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結…
  8. 兵庫県 坊勢島 乱菊ずし 海鮮丼 day 23 兵庫県坊勢島の寿司屋「乱菊すし」へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! 上勝町 紅葉 究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッカーがデカデカと?! ~ creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 【ざっくり特集 – VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  1. 田舎 広報 仕事
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  3. SNS 中傷 コメント
  4. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  5. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP