2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 9 石川県輪島 舳倉島への船、今日も欠航…とりあえず能登半島を歩く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月16日(土) – 6:00ごろ、「六銘館(ろくめいかん)」のデッキで目覚める。

石川県輪島市 - 朝焼けの雲。純粋にきれだな~って思うほかない。

石川県輪島市 – 朝焼けの雲。純粋にきれだな~って思うほかない。

観光案内所が、9:00にオープンするので、その前に、テントを干して片付ける。ぼくらが、起きたとき、ひょろっと背が高く、くるくる天然パーマの人がベンチに座っている。

ぼくらに言われたくないと思うが、少し「怪しい」より…「不思議」な雰囲気の人だ。

彼は、缶コーヒーを飲みながら、ぼくらに、ぼそっと「おはようございます」と話しかける。ぼくらは旅の話をする。「お仕事は何をしているのですか?」と聞くと、「言っても良いのかな…」と難しそうな顔をする。

彼は現在、長期休暇中らしい。どうやら体調不良らしいが、朝から缶コーヒーを何本も飲んでいる。

舳倉島(へぐらじま)について聞くと、「んー、特に何もないと思いますよ。地元の人も、舳倉島にあまり行きませんよ」と返答される。約1時間、彼と話し、「それでは」と彼は家へと帰って行った。

石川県輪島市 - 朝9:00になると、六銘館に、韓国や中国からの観光客がバスで到着し始めた。

石川県輪島市 – 朝9:00になると、六銘館に、韓国や中国からの観光客がバスで到着し始めた。

今日の海は穏やか。天気は快晴!「今日こそ出航できそうだ!」と思った。結花が、港に電話して出航状況を確認する。

しかし、海がしけている(荒れている)ようで、なんと!また欠航だ。

連日の欠航だが、出港をずっと待ち、輪島にいてもしょうがない

石川県輪島の街並み スペース感ある町で綺麗だ。

石川県輪島の街並み スペース感ある町で綺麗だ。

石川県輪島市にあったソフトバンクショップ。風情あるショップになっている。

石川県輪島市にあったソフトバンクショップ。風情あるショップになっている。

道の駅「ふらっと訪夢」(のと鉄道 旧輪島駅)から、バスで、とりあえず能登半島の先端にある、禄剛崎(ろっこうざき)の灯台方面へと向かうことにした。

道の駅「ふらっと訪夢」には、なぜかわからないが、シベリア行きの電車の看板があったので、そこで記念撮影。近くの商店で、朝ご飯の栗おこわを買って、10:30ごろのバスに乗りこみ、“奥能登”へと進む。

石川県輪島市 - 道の駅「ふらっと訪夢」(のと鉄道の旧輪島駅)。なぜシベリアなのか...今回すぐにバスに乗って先へと進んでしまったが、次回こそ、シベリアの理由を聞いてみたい。

石川県輪島市 – 道の駅「ふらっと訪夢」(のと鉄道の旧輪島駅)。なぜシベリアなのか…今回すぐにバスに乗って先へと進んでしまったが、次回こそ、シベリアの理由を聞いてみたい。

途中、千枚田を通りすぎ、曽々木(そそぎ)で乗り継いで、禄剛崎へ行く予定だったが…

寝過ごしてしまった…

町野駅でバスを降り、曽々木に戻ることになった。曽々木までは約4キロ先だ。曽々木から禄剛崎へのバスの時間が、30分後だったので、重い荷物を担いで、早歩きで曽々木に戻る。結花はトイレに行きたくて、必死で早歩き。

曽々木への途中、時間を再度確認したぼくらは、次のバスに間に合わないと思い、ゆっくりと歩き始めた。

国指定重要文化財・名勝(庭園)上時国家や下時国家についたが、中には入らず、ここのトイレを借りて、入り口にあった看板前で記念撮影。

石川県輪島市 - 能登半島を散策中。町野駅から上時国家を経由して、曽々木へと戻る途中に見つけた 空照らす綺麗な池。

石川県輪島市 – 能登半島を散策中。町野駅から上時国家を経由して、曽々木へと戻る途中に見つけた 空照らす綺麗な池。

石川県輪島市曽々木 - 次のバスまで、1時間半ほど時間があったので、とりあえず、商店でビールを買って、太陽がぼくらを照らすなか、外で昼ビール。これが最高にうまい。

石川県輪島市曽々木 – 久しぶりの昼ビール

ようやく曽々木海岸に到着した。次のバスまで、1時間半ほど時間があったので、とりあえず、商店でビールを買って、太陽がぼくらを照らすなか、外で昼ビール。これが最高にうまい。

曽々木海岸辺りは、リーフなどの状態はわからないが、波が良く、サーフィンのスポットにもなりそうだと思った。

曽々木でバスをずっと待っても仕方ないので、真浦まで歩くことにした。千体地蔵付近には、昔旅館だったような空き家が多くあった。実にもったいない。

石川県輪島市 - 曽々木の「垂水の滝」へ向かう。その途中の景色。これは「窓岩」だ。この「窓」から太陽が照ると絶景になる。

石川県輪島市 – 曽々木の「垂水の滝」へ向かう。その途中の景色。これは「窓岩」だ。この「窓」から太陽が照ると絶景になる。

石川県輪島市 - 曽々木の「垂水の滝」へ向かう。その途中の景色。砂浜を見つけた。ここでサーフィンもできるんじゃないかな...?!

石川県輪島市 – 曽々木の「垂水の滝」へ向かう。その途中の景色。砂浜を見つけた。ここでサーフィンもできるんじゃないかな…?!

石川県輪島市 - 曽々木の「垂水の滝」へ向かう。その途中の景色。カエルのような岩だ。

石川県輪島市 – 曽々木の「垂水の滝」へ向かう。その途中の景色。カエルのような岩だ。

しばらくすると、江戸時代から昭和40年まで使われていた杉材製の胴船が外に展示されていた。「なぜここに?」展示したかは全くわからないが...

しばらくすると、江戸時代から昭和40年まで使われていた杉材製の胴船が外に展示されていた。「なぜここに?」展示したかは全くわからないが…

引き続き、垂水の滝がある真浦海岸方面へと向かった。危険をおかして、八世及洞門トンネルの横にある「波の花道歩道」(国指定天然記念物)へと進んだ。景色はかなり良かったが、絶壁だ。一歩踏み外せば、海に落ちる。

石川県輪島市曽々木 - 洞窟・福が穴岩窟不動へ

石川県輪島市曽々木 – 洞窟・福が穴岩窟不動へ

洞窟・福が穴岩窟不動へと向かった。洞窟内には、真言宗大日如来の使者で、人の中の悪を打ち砕く「不動明王」が、その奥には岩倉山からの霊水がたまった泉があり、願う人の縁を寄せ結ぶと言われる「御縁之泉」があった。

石川県輪島市曽々木 - 「不動明王」

石川県輪島市曽々木 – 「不動明王」

能登半島沖地震の影響で道には、ひびが入っていて、岩がごろごろと崩れ落ちている。この崖道の途中、横に小さな「八世の洞窟」があったが、地震で洞窟への石段が崩れていて、洞窟へは入れない。洞窟の横を通り過ぎ、崖道を先へと進む。

そして、崖道が終わり、旧トンネルの外側に着いた。旧トンネルの横にある隙間からトンネル内へと入ることはできるが、トンネル内車道の前後の道は、鉄のネットで封鎖されているため、通り抜けできない。トンネルの中から先へと進むことはできないのだ。

石川県輪島市 - トンネル外側の「脇道」とトンネル内に入れる隙間。

石川県輪島市 – トンネル外側の「脇道」とトンネル内に入れる隙間。

これ以上先へと進んで良かったのかはわからないが、行ける道は二つ。幅わずか50センチのトンネル外側にある脇道をとおり、先に見える新たな崖道へと進む。もう一つは、旧トンネルまでの崖道を引き返す。

ぼくらは、戻ることを好まない。戻るにも距離が結構ある。「せっかく来たのに」と、損した気分にもなる。そうなると、先に進むしかないだろうか…

石川県輪島市曽々木...地震の影響で崖道はガタガタな状態だ。

石川県輪島市曽々木…地震の影響で崖道はガタガタな状態だ。

そして、旧トンネルの外側の脇道を進むと、その先にはさらなる難関がある。左斜め下に1メートルほどずれている段差があり、大股で一歩踏み込まないと、先の道に行けない。少しでもバランスを崩すと、落下する可能性もある。

まずバックパックを下ろし、ぼくは大股一歩で踏み込み、段差あるスペースをクリア。クリアした先には、石がごろごろした道が新たな難関があった。しかし、この先、崖崩れで完全封鎖されている道だと最悪。とりあえず、ぼくだけ先に進み、道を確認しに行く。

石川県輪島市曽々木 - この海岸線を歩いて先へと進む。

石川県輪島市曽々木 – この海岸線を歩いて先へと進む。

その先には、ごろごろと岩が転がっていたり、手すりが曲がっていたが、何とか先へと進める道。滝へも行ける。先へと進めることを確認したぼくは、段差があったトンネル外のスペースに戻り、ぼくらの12キロと25キロの重い二つのバックパックを、段差あるところから、腕で持ち上げて運ぶ。

ぼくには結花を担いででも、この段差を無事にクリアできる自信があったので、結花は段差を大股で一歩踏みだし、ぼくが抱き上げる。無事に段差あった道をクリアし、先へと進む。

石川県輪島市 - トンネルの危険な脇道をクリア!

石川県輪島市 – トンネルの危険な脇道をクリア!

ぼくらは、なぜ危険を冒してまで、こんな崖道を行ったのか… とりあえず、「行ってみたいから」、ちょっとしたことかもしれないが、チャレンジしてみたかった。「その先に何があるのか知りたかったから」崖道を進む。だたそれだけだ。

「垂水の滝(たるみのたき)」に到着。この滝はダイレクトで、山から海へと流れている。小さい滝の水が、広大な海へ...

「垂水の滝(たるみのたき)」に到着。この滝はダイレクトで、山から海へと流れている。小さい滝の水が、広大な海へ…

そんなこんなで、ようやく真浦に辿り着いた。真浦の次へと進もうとしたが、輪島へと戻るバスがなくなってしまうため、30分ほどバスを待って、輪島へと戻った。

道の駅「ふらっと訪夢」の「ゴーゴーカレー」でカツカレーを!かな~りお腹がすいていたぼくらバックパッカー夫婦。

道の駅「ふらっと訪夢」の「ゴーゴーカレー」でカツカレーを!かな~りお腹がすいていたぼくらバックパッカー夫婦。

道の駅「ふらっと訪夢」(のと鉄道 旧輪島駅)にある「ゴーゴーカレー」で夕飯を済ませる。店内には、プロ野球の松井選手のポスターが沢山張られている。松井選手って石川県出身か…

昨晩に続き、今日の疲れを癒すため、銭湯「白山湯」(0768-22-1737)に入り、明日、舳倉島への船が出港することを願い、テントで寝始めたぼくらだった。(続きはこちら

石川県輪島市曽々木で昼ビール中

石川県輪島市曽々木で昼ビール中

石川県輪島市曽々木 - 田舎にはサギが多い。

石川県輪島市曽々木 – 田舎にはサギが多い。

石川県輪島市曽々木 - 自然が多い環境で生きるトンビ。

石川県輪島市曽々木 – 自然が多い環境で生きるトンビ。

<前のストーリー 『day 8 石川県輪島から舳倉島に行けるのか』>

<次のストーリー 『day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 白米千枚田イルミネーション『あぜのきらめき』終わりまであと1カ月…
  2. 輪島 金蔵万燈会 ライブ 2016年の『金蔵万燈会(まんとうえ)』と音楽ライブ / Kan…
  3. 長野県 みどり湖 振り向くカモシカ day 3 長野県 みどり湖と白駒の池 カモシカと遭遇 ~ 今…
  4. 『世界ふしぎ発見!』に能登へのバックパッカー旅で出会ったスザーン…
  5. 漆芸作家 スザーン イギリス day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロス…
  6. day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後から話し…
  7. day 16 – 19 金沢で焼き肉。気になる飛驒。…
  8. day 14 能登半島一周中 トビの死骸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

【メディア掲載】日経本紙「日経プラスワン」に登場 「くらし探検隊 災害時の避難にも車中泊試した―安全な場所確保 準備十分に」 上勝町 紅葉 究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッカーがデカデカと?! ~ 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ こんな家いかが?走るよこの「ワンベッドルーム軽トラック」 ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  1. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  2. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  3. kinto carstay キャンピングカー プレゼント
  4. 福岡県 小呂島

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP