2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 7.3 石川県輪島市袖ヶ浜海水浴場で雷雨の中 テント泊 ~ 穴水町から輪島までの25キロ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月14日(木) – これから、ぼくらバックパッカー夫婦は石川県穴水町から輪島市まで歩く。(前回のストーリーはこちら

歩いて旅をすると、一歩一歩、様々なことを学ぶことができ、全国で友だちが増える。長野県茅野(ちの)から始まり、ぼくらは様々な場所で、友だちをつくり始めていた。

13:30ごろ、「幸寿し」を出て、輪島に徒歩で向かった。

前にも書いたが、穴水から輪島には、バスはあるが、電車がない。以前、能登半島の先端まで電車が通っていたが、廃線となった。

途中で、さすがに結花が疲れ始め、道で休んでいる間、草むらで用を足す。

石川県穴水町から輪島への途中。バックパックを置いて、森の中でこっそり...一体なにやってるんだ...!?

石川県穴水町から輪島への途中。バックパックを置いて、森の中でこっそり…一体なにやってるんだ…!?

 

またまた“逆”ヒッチハイク…

結花がトイレに行っている途中、クルマに乗っているおばさんがとまってくれた。彼女の名前は笹谷さん。輪島出身。

穴水にある身体医療所の職場に、輪島から車で行く途中、ぼくらをみかけたそうだ。そして、穴水から輪島の自宅に帰る時に、またぼくらを見て、「まだこの人たち歩いてるの!」と思い、親切に車を止めてくれた。

優しい「逆」ヒッチハイクだ。ぼくらはおそらく、穴水から輪島までの1/3の距離地点、三井の里または新保あたりまで歩いた。

笹谷さんの親切なオファーをしっかりと受け止め、輪島まで乗せていただいた。

途中、ぼくらが気になっていたキャンプ場にも寄っていただいた。が、そこから輪島まで歩くのは大変そうだったので、キャンプは断念し、輪島へと引き続き乗せてくれた。

 

輪島…落雷の中でのテント泊

そんなこんなで輪島に到着。

高層ビルがなく、黒い瓦の屋根で、町並みが整っている、というのが輪島の第一印象。

輪島にキャンプができる袖ヶ浜海水浴場があったので、そこまで乗せていただいた。

能登・輪島(石川県) - 袖ヶ浜海水浴場。ここにテントを張れそうだ。

能登・輪島(石川県) – 袖ヶ浜海水浴場。ここにテントを張れそうだ。

途中、食料を購入するために、近くの商店にも寄り、焼きそばの食材を購入。その後、テントを張り、夕飯の準備をした。

夕飯を済ませ、紅茶でも飲もうとお湯を沸かしていると、ベースギターを弾く若者が同じキャンプ地にバイクで到着。キンキキッズというバンドグループなどのバックで、ベースギターを弾いているそうだ。

そして、猫が「にゃーにゃー」と何度もよってくる。猫にソーセージをあげて良いのか、わからないが、焼きそばで余った、塩がついたソーセージを洗って、猫にあげる。

いくつあげても「にゃーにゃー」と泣いてくる猫。しかし、ぼくらには猫にあげられるような餌はない。

バイクで到着した彼に「猫の餌になるようなものありませんか?」と訪ねる。

すると、鯖の缶詰を出して、「これ、おれの明日の食料なんだよ、おまえ」と猫にあげてくれた。

猫は嬉しいのかわからないが、無表情で鯖を食べる。彼は相当な猫好きらしい。猫好きの彼によると、この猫は体格が良く健康そうに太っていて、餌もある程度食べているように見えるとのことだった。猫は、鯖を食べ終わったが…それでも「にゃーにゃー」と寄ってくる。

かわいそうだが、「もうないよ」と追っ払おうとする。しばらくすると、猫はどこかへ行ってしまった、っと思ったら何度か戻ってきては「にゃーにゃー」と鳴いていた。

バイクでキャンプ場にきた彼に、南アフリカから持ってきたルイボスティーをご馳走し、しばらくの間、3人で会話を楽しんだ。

石川県輪島に到着。バックパッカーのぼくらが今夜テントを張る場所を見つけた。

石川県輪島に到着。バックパッカーのぼくらが今夜テントを張る場所を見つけた。

その後、キャンプ場の上に、何台もハーレーが並ぶホテルがあったので、温泉に入れないか訪ねる。

ぼくらは、しばらく、お風呂に入っていなかったため、体が気持ち悪い。特に頭が痒い。が、温泉は既に閉まっていたので、諦めて、テントへと戻る。きつい!

夜中、豪雨・雷がひどく、何度も起きることになった。

雷は、何度も海に落ちた。とにかく落雷がひどい。間隔的には20秒に一度は落ちている感じだ。

あたりが急に光っては、海に“光”が落ちる。テントに落ちないかが心配だった。

「もうここまできたら、気にせず寝るしかない」と寝ようとしたが、夜中中、雷・風・雨を気にする結花を落ち着かせることで、いっぱいいっぱい。しかも、テントの中に霜や雨から若干の水滴がつき始めたので、それをタオルで拭くことで大変だった。(続きはこちら

石川県輪島市 袖ヶ浜海水浴場 - 今日の夕飯。ビールは欠かせない...ぼくらの夕飯はずっとこんな感じだ。

石川県輪島市 袖ヶ浜海水浴場 – 今日の夕飯。ビールは欠かせない…ぼくらの夕飯はずっとこんな感じだ。

<前のストーリー 『day 7.2 穴水町 次世代の板前寿司屋「幸寿し」』

<次のストーリー 『day 8 舳倉島へ行けるのか』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 白米千枚田イルミネーション『あぜのきらめき』終わりまであと1カ月…
  2. ロス イギリス 輪島 day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty” …
  3. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  4. 龍昌寺 村田啓子 keiko murata ryushoji wajima yoromi noto 能登・与呂見村の“ユニーク”な寺『龍昌寺』の『藍染』 金沢21世…
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺…
  6. スザーンロス day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of…
  7. day 10.1 石川県 舳倉島への定期船
  8. 輪島 珠洲 塩田 体験 究極の塩 トキオ ソフトクリーム 田舎体験 2日目 奥能登一周 輪島の「塩の駅 輪島塩」 ~ 売り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP