2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは ~ 岩車の新田信明さん宅で一泊『田舎暮らし』 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月21日(木) – 岩本さんは家へと戻り、17:20ごろ、ぼくらバックパッカー夫婦、干場聖司(ほしば せいじ)さん、NOTO Shiftの鈴木久善(すずき ひさよし)さんは、石川県穴水町役場の企画情報課に着いた。(前回の話しはこちら

課長の新田 信明(にった のぶあき)さん(58歳)、課長補佐の黒崎 誠さん、主任の橋本 真さんを干場聖司さんから紹介いただいた。

体験住居プログラムについて、新田さんから話を聞く。

 

穴水町の体験住居プログラムについて

穴水町役場では、穴水町での定住促進を目的として、県内外からぼくらのような若い人たちを対象に、2010年10月から2011年3月までの期間、このプログラムを実施している。

申込者は、穴水町がこのプロジェクトのために、個人から借りている別荘地「穴水マリーナ」の一軒家を、月2万円で借りることができる。

奥能登一周中 - 役場で新田さんと“打ち合わせ中”(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 役場で新田さんと“打ち合わせ中”(石川県穴水町)

2~3日間の短期旅行で、旅行先を気に入り、そこに引っ越して移住することは、勇気がいる。地域について、知らないことが多い。一度良い体験があっただけでは、その場所について全てを知ったとは言えないだろう。

完全に移住するためには、最低でも1週間から2週間、そこに住んで地元の人と触れ合うなど、まずは地域の環境について知りたい。このようなプログラムにより、2週間から1ヶ月間、地域について、いろいろと知ることができる。

■主な概要は以下のとおり

【住所】 石川県鳳珠郡穴水町字岩車11-19-36

【構造】 木造平屋建て、4LDK 延床面積 99㎡

【家賃】 1週間以内1万円、1週間以上2週間以内15,000円、2週間以上1ヶ月以内20,000円
 
※電気・水道・ガスなどの光熱費込み(食費、交通費など、それ以外の費用は利用者が負担)

【募集期間】 2010年10月1日~2011年3月10日

奥能登一周中 - (左から)干場聖司さん、中川生馬と結花子、黒崎誠さん、橋本真さん、新田信明さん(石川県穴水町役場にて)

奥能登一周中 – (左から)干場聖司さん、中川生馬と結花子、黒崎誠さん、橋本真さん、新田信明さん(石川県穴水町役場にて)

最近では、住まいづくりの補助として、100万円の補助金や家を建てると50万円の奨励金などのシステムもあるそうだ。

新田さんは、個人的にも、穴水の良さを多くの人々が体験できるように「NPO法人田舎時間」という組織でも、田舎を体験できる活動を行っている。

 

新田信明さん宅での一泊

ぼくらは、新田さんがかなり忙しい人だと思い、「新田さん宅に泊まろう」の話をせず、「ちょい住み」の話を聞いて、NOTO Shiftの鈴木さんと企画情報課から失礼した。

干場さんが、ぼくらの後に続き、企画情報課から出てきた。「新田課長が泊めてくれるそうですよ」とぼくらに言う。

干場さんが新田さんに、ぼくらの宿泊について、聞いてくれたのだ。「忙しそうな方だし、明日は金曜日で仕事もある。遠慮すべきかな」と考えた。

しかし、田舎暮らしについて、知りたいことは沢山ある。「いろいろと面白そうな話も聞けそうだし、ここはお世話になろう」と決めて、企画情報課に戻り、新田さんにお礼を言う。

新田さんは、2シートの軽トラックで職場に来ている。ぼくらは新田さんの車に乗れなかったので、NOTO Shift鈴木さんの車に乗せてもらった。

奥能登一周中 - 名前が独特のスーパー「どんたく」で、アオリイカなど、夕飯の買い出しをする。(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 名前が独特のスーパー「どんたく」で、アオリイカなど、夕飯の買い出しをする。(石川県穴水町)

 

奥能登一周中にやっと出会えた最高に美味しい田舎ご飯…

新田さんの自宅がある岩車に到着。築45年の家の中は、オープンで伸び伸びできるスペース感がある。昔の家は、結婚式や葬式を自宅ですることを前提に広々と創られている。岩車周辺は、一坪約1万円だそうだ。

新田さんには3人の子どもがいる。一人は現在、都内の大森病院で看護師として働く。二人目は、大学院で化け学を、3人目は神戸大学で助産師の勉強をしているそうだ。新田さんの奥さんは、クロネコヤマトで事務仕事をし、帰りは奥さんのほうが遅い。新田さんは奥さんに、毎年2回、誕生日と結婚祝いに薔薇をプレゼントするなど、ロマンチックな人でもある。いろいろな話で、夕飯やその準備が盛り上がった。

奥能登一周中 - 新田信明さん宅で料理中。アオリイカを料理中。(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 新田信明さん宅で料理中。アオリイカを料理中。(石川県穴水町)

さて、夕飯の用意をする。新田さんのお母さんが料理をする。それを新田さんやぼくらも手伝う。

お母さんは85歳、ものすごく元気で、優しいおばあちゃん。少し早口で方言が入るが、なんとかぼくらも理解できる。

 

食材を自給することができる“田舎”環境

ほとんどの食材は、新田さん宅の畑で採れたもの。全て新鮮な自然食。

外の家庭農園では、獅子唐、茄子、ピーマン、そうめんカボチャ(糸カボチャ)を育て、冬には、魚、滋養強壮に良いナマコ、モズク、牡蠣などを捕ったりしているそうだ。牡蠣は最高に美味しいらしい。

いろいろと話はとぶが、「田舎暮らし」の食生活についても話を聞いた。

そうめんカボチャは、3つぐらいに輪切りにして茹でる。茹ですぎると柔らかくなりすぎるので、歯ごたえを残す程度に茹でる。そして、酢の物にして食べると、「しゃきしゃき」して美味しいそうだ。

奥能登一周中 - 新田信明さん宅で料理中。獅子唐(焼くだけ)で美味しい!(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 新田信明さん宅で料理中。獅子唐(焼くだけ)で美味しい!(石川県穴水町)

モズクの味噌汁、一本シメジの味噌漬けが美味しい。

味噌は近所の人たちと一緒に、正月ごろに作る。

きのこは新田さんの家ではなく、山にある土地で栽培しているそうだ。椎茸はどんぐり、滑子(なめこ)は桜の木に、それぞれの茸菌を打ち込んで育てる。今年は一本シメジが豊作だったそうだ。

「自然にできたものだと、沢山食べられる」、「本人次第で、自給自足ができる」と新田さんは言う。自然の味がして美味しいのか、いくら食べても、お腹いっぱいにならない。

奥能登一周中 - 一本シメジの味噌漬け(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 一本シメジの味噌漬け(石川県穴水町)

8月~9月には、高さ数メートルの灯籠を使う「キリコ祭り」が開催される。

県内外から多くの人たちが参加するが、バングラディシュから金沢大学に留学している学生が、このお祭りに参加したり、田舎暮らしを体験をしたそうだ。

新田さんは個人的に、都会に住むあらゆる人との出会いの縁で、「田舎時間」や「いなかへいこう」などの田舎暮らしの活動を始めたという。

今後、穴水の良さを知ってもらうために、穴水へのあらゆる「受け皿」を用意して、活動を行いたいと言う。

自給自足とは、全てを自分で自給するのではなく、みんなで助け合う生活。近所から物をもらったりすることも自給自足の一つ。楽しいですよ」と、新田さんは話す。

可能な範囲で必要なものを作り出す生活。新しいことを試すことができ楽しそう。新田さんといると、今後ぼくらが過ごしたい生活のヒントを聞いているようだった。

繰り返しだが、夕飯は、ほぼ全て、新田さんの畑で採れたもの。全てがとにかく美味しい。不思議なことに、どれだけ食べてもお腹に入る。

茄子は単純に皮が焦げるまで焼いて、皮を剥いただけ。それに醤油をつけて食べる。これだけで、十分美味しかった。

これまでは、茄子を麻婆豆腐風するなど、いろいろな調味料を混ぜて食べていたが、単純に焼くだけで茄子の味を楽しめた。獅子唐も網で焼くだけ。シンプルに料理して、自然の味を日本酒と一緒に楽しむ。

奥能登一周中 - 焼いた茄子。焼くと皮がぺろりとむける(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 焼いた茄子。焼くと皮がぺろりとむける(石川県穴水町)

こういう生活をしていると、わざわざお金をかけて、居酒屋などに行くことがもったいなく感じてしまう

ぼくらは、旅の背景、石川県での冒険について話した。穴水から輪島に歩こうとしたことも話すと、穴水から輪島に行く途中、穴水から約10キロ先の三井町興徳寺付近に100円温泉もあるとのことだった。

健康な夕食を食べ、お風呂にも入れてもらい、温かい布団に入って、久しぶりにゆっくり寝た。

奥能登一周中 - 新田信明さん宅で料理中。イカの骨 プラスチックのようだ。(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 新田信明さん宅で料理中。イカの骨 プラスチックのようだ。(石川県穴水町)

この日、新田さんから、穴水のすばらしさ、ゆとりある生活、自給自足、いろいろな意味で田舎の豊富さなどを学んだ気がする。これまでとは、全く違うライフスタイルについて、話を聞けた。(続きはこちら

奥能登一周中 - 能登ワイン(石川県穴水町)

奥能登一周中 – 能登ワイン(石川県穴水町)

奥能登一周中 - アオリイカ 411円...安い!(石川県穴水町)

奥能登一周中 – アオリイカは411円…安い!(石川県穴水町)

奥能登一周中 - ハチメ/メバルの干物(石川県穴水町)

奥能登一周中 – ハチメ/メバルの干物(石川県穴水町)

奥能登一周中 - この会話に日本酒も欠かせない。(石川県穴水町)

奥能登一周中 – この会話に日本酒も欠かせない。(石川県穴水町)

<前のストーリー 『day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ ~ 今度は町役場へ!? ~』>

<次のストーリー 『day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ
  2. 能登 星空の町 夜な夜な一人旅: 「穴水町 星空のまち」は本当なのか?
  3. Elizabeh McInnis ベッツィ 穴水町 現実は“夢”から「日本の若者は現実を見すぎ」3年間の能登・穴水で…
  4. 穴水町 移住者 穴水町での田舎暮らし最終日前日のストーリー
  5. noto kashima sakura station 能登鹿島駅 桜駅 日本最大 桜 能登旅 田舎旅: 能登鹿島駅「さくら駅」満開終わり葉桜に ~ 新駐車場 …
  6. 能登ワイン 穴水町 石川県 noto wine in Anamizu, Ishikawa 田舎体験:朝から能登ワイン飲み放題?!醸造現場 見学
  7. 巨大生物 日本 九州 石川県穴水町での田舎暮らし“ちょい住み”最終ストーリー ~ 次の…
  8. <写真で振り返る>“牡蠣だらけ”の『“ざっくばらんな”田舎ライフ…

コメント

    • Anonymous
    • 2011年 4月 27日

    いくまさんみてますよ!いいたびしてますね!

  1. 2016年 12月 08日
  2. 2017年 1月 21日
  3. 2017年 1月 22日
  4. 2017年 1月 22日
  5. 2017年 2月 23日

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP